自然災害で危険な都市ランキング・・・一位の東京って、住んでも大丈夫?

どうも!おはようございます!

先週ラジオを聴いていたら、残念なニュースが流れてきました!

再保険会社であるスイス・リーの発表によると自然災害で危険な都市ランキングで、一位は「東京・横浜」となりました。。

地震や津波を考えると当然と言えば当然かもしれませんが、この事は、ちゃんと考えないといけませんね!

さて、東京で安全なエリアってどこか知ってますか?

先の震災で東京もダメージをかなり受けましたのよね。

特に湾岸系ニュータウンの代表格「新浦安」の液状化は皆さんも御存知かと思います。

高級住宅地として有名でした「舞浜3丁目」は今や買い手が付かないご様子で。。。

その結果、50坪以上の区画が1億円以上当たり前でしたが、3割ダウンという有様です。

住人が、分譲した三井不動産を訴えたのですが、どうなったんでしょうね。

もし、直下型の地震が来た時には、液状化よりももっと酷い事になると思います。

絶対に、住んじゃ行けない場所として、湾岸系は当然ですね。

選択の余地なしです!

他に危険な場所としては、隅田川よりも東側の下町エリアも危ないようです。

実際にハザードマップを見てみるとそのヤバさが良く分かりますよ(涙)

関東大震災では、津波の被害が無かったので、盲点になっているんですけど、江戸時代は被害が度々あるようです。

1791年は大津波が深川一帯を襲って甚大な被害を被ったという記録があります。

この津波は、驚く事に文京区の六義園あたりまで来たという話もあるんですね。。

もう、六義園まで津波が来るんだったら、もう思いっきり西に行くしかないように思います。

かと言って、八王子まで行くと西により過ぎようような気も・・・。

あとは、北に逃げるのも一考です!!

西側は嫌だと言うならば、北側です!!

例えば、田端から池袋付近は高台になっていますので、津波にも地震にも強いですね。

いずれにしても、昔から人が住んでいるエリアで、被害が少なかったところを選択しましょうね〜。

具体的な資料や調べ方については、とても長くなってしまうので、別の記事にします♪

最新情報をチェックしよう!
error: