高利回りのAIR BNB は●●●のために、入念にやるべし。

どうも!皆さん、こんばんわ!

昨日に引き続きAIR BNBについてです。

AIR BNB の要件はコレだ!

AIR BNB自体は施行法が可決されてないので、微妙なグレーゾーンということをお話をしました。

もし法案が通ったとすると、次のような感じとなります。

もっとも大事なのは、やはりエリアです!!

 

①対象エリアは、東京においては、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区の9区。

その他エリアとしては、千葉県成田市、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県となります。

現時点で、違法状態なのは、大阪と福岡なんで、しばらくは手を出さない方がいいでしょう。

査察が入って、それでもやっている場合は、行政も強硬な手段に来ると思われます。

 

②次に、宿泊期間が10日以上の賃貸借期間であることも挙げられています。

これもかなりきつい条件ではあると思われます。

一体、旅行者の中で宿泊期間が10日以上の人は、全体の何割なんでしょう。

アジアの旅行者が多い事を考えると、滞在期間は短いと思われます。

なぜならば、アジア周辺国は、格安チケットで直ぐに日本に来れるために、比較的短期間の人が多い状態です。

もし、この法案が10日以上という条件がそのまま可決すれば、実質的に使えない法律です。。

 

③さらに、快適な滞在ができる物件であることということも挙げられています。

具体的には専有面積25m²以上、それプラス換気と採光が確保されていること。

これもは、結構きつい条項ですね。。。

シェアハウスが7㎡以上でOKという点から考えると、かなり困難です。

実際に都内のワンルームだと25㎡以上というには、稀少物件の部類。。

これは争奪線になるに違いません。

 

個人的な感想ですが、法律が通って合法な投資方法となっても、実際に法律を守って運用するのはかなり大変と言えるでしょう。

では!si_concent03

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
error: