物件調査の体系化について[物件調査編2]关于房子调查的系统化[房子调查第2篇]

N745_ipadwosawarudansei500

どうも!皆さん!おはようございます!

今日は不動産調査について第2弾です!

前回は不動産調査の重要性についてお伝えしましたが、今回は物件調査の手順についてです。

物件調査をする場合、体系化された知識を身につけていかなければなりません。

調査事項はたくさんありますので、幅広い知識が必要になりますが、その知識もバラバラではなく、できるだけ体系化されたものでなければなりません!

たとえば、都市計画法と建築基準法の関係をどう理解して活用するか、といったことがわかっていないと十分な調査を行うことができないのです。

そして、経験も必要となってきます。いくら知識があっても実践で使えないものは役に立ちません。経験を積むためには実務を積んでいくこと意外に方法はありません。

ですので、少しずつでもいいので経験を積んでいきましょう!

しかし、物件によって調査内容が異なってくるので、物件調査ごとに手順を考えて調査を行っていかなければなりません。物件調査は調査項目が多いからこそ手順が大切といえます。

すでに述べたように、物件調査の体系の把握は調査するうえで大切なことです。

物件調査は大きく項目分けをすると、①物的調査、②権利調査、③法令上の制限の調査、④地域の調査、⑤価格、手続きの調査の5項目に分けられます。

それぞれの項目について細かく見ていくと・・・

①物的調査

もの(物的)に関する調査。土地や建物に関する調査に関することで、道路の幅員や敷地の境界、建物の構造や面積、築年数など

②権利調査

権利関係に関する調査。所有権や抵当権、地上権、借地権、借家権など

③法令上の制限の調査

都市計画法や建築基準法、景観法などに関する制限。また、防災関係や環境に関する制限など

④地域の調査

物件の周辺環境や最寄りの交通機関、公共施設や病院など

⑤価格、手続きの調査

価格、賃料など価格査定のための調査。法的手続き(国土利用計画法、農地法など)のための調査

と、細分していくとかなりの数になりますので、実務上はある程度大まかな分類をしたほうが調査はしやすいですね!

次回からは実際に調査を進めていく方法について書いていきたいと思います。では!大家早安

今天是房地产调查的第二弹!

上一篇为大家讲解了房地产调查的重要性,今天要解释有关于房子调查的步骤。

由于需要调查的项目非常多,尽可量请运用已经被系统化后的知识。

例如,你如何理解以及利用建筑标准法和城市规划法的关系,如果不太了解的话,你是无法完全的进行调查。

然后,又没有经验这一点也是非常讲究的。如果不曾实践中使用,即使有再多的知识也是没什么帮助。所以,就算一点一点的也好,请累积自己的经验吧!

根据不同的房子,调查项目也会变得不一样,我们必须一边想步骤一边调查。

房子调查可以分成以下5大类:

1.实物调查

2.权利调查

3.法令上限制调查

4.区域调查

5.价格,手续调查

仔细的去看每一个项目的话,

1.实物调查

有关于实际物体的调查。土地或建筑物,道路的宽度以及土地的边界线,建筑物的构造、面积、建造年份等等。

2.权利调查

有关于权利的调查。拥有权以及抵押权、地面所有权、租赁权等等。

3.法令上限制调查

有关于城市规划法、建筑标准法、景观法等的限制。以及有关防灾、环境问题的限制等。

4.区域调查

房子周边的环境、最靠近的交通、公共设施以及医院等。

5.价格,手续调查

价格、租金的评估调查。法律程序(如国家土地利用规划法,农业土地法)等的调查

《下一回预告-实际上进行调查的方法》

 

最新情報をチェックしよう!
error: