投資エリアの選定方法はコレだ!ドミナント戦略!

どうも!皆さん、こんばんわ!

本日より弊社は仕事初めで、挨拶回りを引き続きしてきました。

昔からのお客様は、僕が挨拶行く前に訪問してくれたりと、本当に有り難い限りです。

このようなお客様は、相思相愛でもっともっと大事にして行きたいと思います。

さて、本日は物件取得エリアの選定方法です。

物件取得エリアについてですが、転売価格の値上がりしそうなエリア、賃料の下落しなそうなエリアを選ぶ事は当然です。

上記エリアにつきましては、以前のブログでお話をしたことはありますので、割愛をします。

僕が、大事にしていることは、仕事でも投資でも「効率」や「慣れ」を重視という点ですかね〜。

仕事でもイロイロな場所でやるよりも、いつも同じ所でやっているのと、初めての場所で仕事するのとでは、全然効率が変わってきます。

とくに、建築業界の場合は、監督や職人を派遣できるエリアは限られていますので、とてもエリアは大事です。

また、同じエリア内で掌握して行った方が、移動時間の点やエリア内での存在感を増すために非常に効率的です。

これと同じ事が、不動産投資も当てはまります。

スーパーの出店やコンビニの出店でも物流や存在感を増すためにエリア戦略をしています。

これがドミナント戦略と言われているものです。

自分でココだ!というエリアを決めたら、そこを集中的に攻めましょう。

まずは、毎日同一エリア内の物件情報を見続けます。

そうすると相場観が養われますよね。

賃料相場・売買相場そしてどこの業者が力を持っているかなどなどネットを見続けるだけで自然と頭に入ってきます。

しばらくすると土地勘が付いてきますので、この物件は学校が近いとか、商業施設が近いとか善し悪しが分かってきます。

これを毎回エリアを変えると、その都度調べないといけません。

結構、相場を調べるのは大変ですし、その時点での賃料相場しか分からないこととなります。

一方、ずっと見続けている相場なら、最近下落しているな〜とか肌で感じることができるんですね。

次に頼れる協力業者を味方にできる!

不動産投資は、多くの専門家が必要になる投資です。

どんな専門家かというと・・・賃貸仲介業者・売買仲介業者・工事業者(設備屋・内装屋などなど)です。

良い入居者を付けるには賃貸仲介業者が必要です。

良い物件を仕入れたり、高く売るためには、売買仲介業者が必要です。

お部屋の物理的トラブル発生したときには、工事業者が必要です。

以上のように多くの専門家が必要となりますが、毎回毎回別の業者に頼むのは、とても骨の折れる作業となります。

いつも同じ業者でしたら、信頼も構築されますし、待遇も良くなってきます。

その辺は、やはりエリアを絞って、物件数を増やしていった方がはるかに効率的なんです。

まとめ

投資エリアを絞るメリットとしては、下記の二つ。

①相場観を養うことで、的外れな投資をしなくて済む。

②業者とのやりとりがスムーズになり、だんだんVIP扱いされる。

以上です!

では!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
error: