繰り上げ返済をするんだったら、余剰資金を別のモノに当てましょう♪

どうも!皆さん、お疲れ様です。

今週も大忙しでしたよ〜♪

ちゃんとした成果もあったし、将来的な展望も見えて来ました。

1年後には大化けするような精鋭揃いですので、今から胸が高鳴ります。

さて、皆さんもローンで不動産を購入していると思いますが、繰り上げ返済って考えてますか?

日本人は、借金することが「悪」という精神構造ですので、早く返済したいという気持ちは良く分かります。

でも、世界的に見ても、歴史的に見ても現在の2%前後で融資を受けている日本の投資家はラッキーな存在なんですよ〜。

せっかく厳しい審査を突破できたのだから、その恩恵は最大限活かさないとバチが当たりますぜ(笑)

日本は、正に不動産投資に適した条件が比較的揃っているんです。

それは、「安い金利」と「高い賃料」という条件であって、それによって多くの利益を享受可能!

ちなみに、アジアの新興国は、「高い金利」と「安い賃料」ですので、大家業には基本的には適しませんね。

ただし、中国のテナントは結構儲かりますので、現地の人は売り出される前にコネで購入してますけど・・・。

繰り上げ返済しない方が得な訳!

さらに具体的に説明を付け加えていきますね〜。

結論から言うと次の2つです♪

①物件を買い足す際に、融資が受けやすくなる!

まず、繰り上げ返済をしないで、多くのキャッシュを留保した方が強みとなります。

金融機関は、融資する際に、手元現金がいくらあるかで属性を評価してくれます。

その一方で、繰り上げ返済で借入金が減っていることは、そこまでは凄い評価はしてくれません。

だから、より多くの現金を持つ方かいいんですね。

②余剰資金を利用してお金でお金を稼ぐ。

せっかくの余剰資金ができて繰り上げ返済したら、お金でお金を稼ぐことができなくなってしまいます。

要は、金利が2%だと仮定すれば、それ以上にお金が増殖する金融商品を購入すればいいんです。

例えば、日興ピムコというモノがあります。

これは500万円買えば毎月12万円の配当金が貰えるという有り難い商品です。

500万円繰り上げ返済するならば、こういうもので、余剰資金を増やして行ったほうが絶対良いですよね。

 

では、どの時点で繰り上げ返済すべきか?

それは、金利が上昇した時に繰り上げ返済をすればいいんです。

とてもカンタンな事ですよね♪

だから、今の段階で繰り上げ返済はNOなんですよ〜!

皆さんも、借りたお金は計画的に借り続けましょうね〜♪