中国の不動産はドンドン値下がり中!今後の中国経済はどうなるのかな〜?

2014011902140147d

どうも!皆さん、ご無沙汰しております。

中国から帰ってきましたが、日々の業務に追われていました。

そんな中、本日は、「やっぱり仕事って楽しいな〜♪」と再度実感することがありました。

まずは、古くからのお客様のご自宅を訪問したのですが、「新体制」の東京建設コンサルタントを期待しているよっ!って励ましてもらいました。

父のお客様なのに代替わりしても、応援してくれる気持ちに本当に有り難く感じます。

そして、遅くまで会議に参加してくれた社員さんにも、シミジミと支えられいるな〜と思います。

みんなのヤル気が、僕のヤル気になっています。

そんな相乗効果で、モットモット素晴らしい会社にしたいです。

父は生前「小さくてもいい。ただダイヤモンドみたいな会社したい」と良く酔っぱらっている時に言ってました。

僕も、心からそう念じています。

父が達成できなかった夢を皆で叶えていきたいです!

さてさて、中国で見聞きしたことをご報告したいと思います!!

中国と言えば、もはや米国と同様に超経済大国なのはご存知ですよね。

しかも、年内に中国のGDPが購買力平価換算すると、なんとNO.1となるとのことです。

ちなみに日本は、この計算方法だとインドにも抜かれて、第4位となります。。(涙)

そのようなビッグな中国ですが、定期的に中国に出張していると、ボチボチ不動産は陰りが見えてきてます。

実際に、不動産業者や建築業者とも話しいると、同意見でした。

しかも、CCTV(中国中央TV局)でも、頻繁に「不動産の値下がり」をバンバン放映しています。

中国は、TVなどの規制は結構厳しいのですが、あえてコレを流しているというのは、もう止められない事実だからか?はたまた政府の何らかの意図的なものかのどちらかです。

実際に、どのような内容を放映していたかと言うと5月7日にTVを見ていたら、こんな↓感じです。

■プレビルド物件(建物完成前の段階で分譲すること)を「初めに購入した人」と「後から購入した人」を比べた場合、後から買った人の方が30%安い値段で購入。つまり、不動産価格が30%も下落しているってことなんですね。その結果、初期購入者が裁判を起こしたり、また団結して「部屋返すから、金返せ!!」とデベロッパーに言い寄っている映像が流れていました。。 以上

実際に、中国のデベロッパーは、税金を払えないくらい逼迫し始めていて、63兆円の未納税があるようです。

また、中国で一番のお金持ちでもあり、不動産王でもある「李嘉誠」氏は、中国国内の不動産を全部売ってしまったそうです。この人は、リーマンショック前にも上海の不動産を売り逃げしてますので、かなりの情報網を持っているんでしょうね。

こんな人が売ったと聞いたら、普通の人はビビって、一緒に投げ売りを始めますよ。

一昔前でしたら、企画段階で中国のマンションは、完売することが珍しいことではないです。

でも、政府の方針で住宅ローンの金利を上げたり、融資の基準を厳しくしたり、キャピタルゲインの税をアップしたり等々やった結果、生じた現象なんですね〜。

いずれにしても、都市部の不動産の値上がりは、一段落したというのは確実ですし、値下がりも確実!?

だからと言って、中国の経済自体が、日本のバブルのように弾けてしまうかと言うと、そうとも言えないです。

何でかというと、中国政府は日本のバブル崩壊をしっかり研究しているんですね〜。

そのため、政府はしっかりとした傾向と対策をうっています。。

また、人口も違うし、文化も違う。

つまり条件が、結構大きく違っています。

まずは中国の人口は13.5億人もいます。

この数字は、世界の5人に1人は中国の方です。

しかも、人口多い上に、中国人の男性は結婚する際に、新居を購入することが多い文化ですので、常に不動産売買は日本よりも多い文化なんです。

そして、何よりも中国ビジネスマンの仕事に対する姿勢は、フレキシブルな感覚が強いので中国経済を支えている底力は、かなりのモノがあります。

例えば、知り合いの中国の建築業者さんは、建築に陰りが見えてきたので、別の業務に転向しようとしてました。

結構、大きな建築会社なのに、メチャクチャ柔軟な考え方を持っています。

日本だとなかなか業務を変える事ができないで、しがみつく人が多いのですが、この辺は見習った方がいいのではないかな〜と僕は思いましたね。

昨日まで建築業者だった人が、翌日はIT企業をやっていて、しかも、そこそこプロになってしまうみないな感じです。

つまり、不動産が価格がドンドン下がったとしても、すぐに連動して中国経済が悪くなるかというと微妙かもしれません。

僕は経済の専門家ではないので、ただ感じたことを買いていますので、今度は専門家にイロイロ教わってきますね〜。

最新情報をチェックしよう!
error: