退去後の原状回復工事でコスト押さえるための壁紙の必殺技は、コレだ!!

sun_concent1

どうも!皆さん、おはようございます。

本日は、お客様と石和温泉に行ってきます♪

父が仲良くお付き合いしていたお客様なのですが、父亡き後も変わらぬお付き合いをしてくれます。

ちゃんと恩をお返しできるように、もっと頑張ります!!

さて、退去後の原状回復工事で、それなりに低コストでやらないと賃貸経営は上手くいきません。

前回は、床についていかにコストを下げて工事をするかについて述べましたよね〜。

何かとお金がかかる退去後の工事・・・低コストでやるために、こんなヤリ方もあるんです♪(床編)

そして、今回は壁について説明をしたいと思います♪

実際、賃貸経営をしていると最も工事回数が多いのが、「壁」となります。

そんな訳で、いかに壁紙の貼り替えを少なくする努力をしなくてはならんです。

原状回復に関するガイドラインや東京ルールなんて無かった時代は、入居者にガッツンと請求できたので、贅沢な貼り替えをしてました。

でも、今は厳しいので破損もしくは汚損した箇所を部分貼り替えということとなります。

この部分貼り替えの気をつける点は、やはり壁紙自体が廃盤になりにくい定番商品を選ぶことです。

例えば、壁紙のカタログには何十種類もの材料が綴じられていますが、そのうちの何種類かは定番商品として継続してカタログに掲載されています。

このような商品を選択することにより、傷がついた一部のみを貼り替えれば、タバコ汚れとかで他の面が変色してない限り、その部屋の内装工事を最小限にすることが可能!

オーナーの好みで絵柄の入った材料を選ぶことは廃盤になりやすいので気をつけてくださいな!

カタログの裏にいつまで生産するかが記載されていますので、それを基準にしても選んでもよいです。

もし廃盤になってしまったら、こんなやり方もありますよ〜。

以前、壁紙を貼り替えた部屋があったのですが、不幸にも似たような壁紙がありませんでした。

そこでどうしたかと言うと、あえて全く違ったデザインや色の壁紙を施工するってこともやってます。

これが、意外とオシャレに見えてしまうから、本当にびっくりです。

02

 

あとは、塗装で塗ってしまいのもアリアリなんです。

よく有りがちな子供の落書きが壁にある場合って、いつもどうしますか?

普通に壁紙を貼るのが王道でしょうね!

でも塗ってごまかすというやり方もあるんです。

塗装は、他の工事よりもビギナーでもカンタンにできる工事であります。

最近になって、ホームセンターで壁紙専用のペンキが売ってますので、ぜひ試してください。

意外とペンキ塗っている際に汚れ防止のための「養生」が面倒なのですが、しっかり養生することで、かっこいい部屋作り実現の大きなポイントなんです。

 

最新情報をチェックしよう!
error: